【第3のみつ】秘蜜 りんご(青森) 30g

¥556 ¥1,850

秘蜜×林檎は、日本の自然の花の蜜と林檎ジュースの栄養がギュッとつまった新しいはちみつのカテゴリー「第3のみつ」です。

*1枚目の小さな瓶(透明瓶)が30g、2枚目が120g(白瓶)です。

秘蜜は、採取時期によって味わいや色味が異なります。

これは、自然の花の蜜をミツバチが採取している証拠なのです。

ミツバチたちが、自然の花の蜜と林檎ジュースを独自にブレンドして、秘蜜を作っています。

長野県と青森県の林檎農家が大切に搾って作った林檎ジュースをミツバチに与えて作りました。

食べ比べもオススメです!味わいの違いを楽しんでください。

長野産:イエローゴールドの美しく透き通る色が特徴。上品でまろやかな味わいは、贅沢なひとときを演出します。

青森産:フローラルで豊かな香りと林檎のさっぱりとした風味が特徴です。

<おすすめの飲み方>

秘密をぬるま湯で溶かしてからグラスにいれて、氷と炭酸水を注ぎます。

普通のはちみつと違って、りんごの爽やかな味わいが加わりますので、とってもおいしい!

是非お試しを。

<お取り扱い秘話>

秩父の森とメイプルがつないでくれたご縁。

メープルシロップや秘蜜の開発にまつわる想いをTAP&SAPさんからじっくり伺いました。

「第3のみつ」の開発と普及を通して、豊かな森林環境の再生をはかり、秩父地域の活性化も目指してるのですよ。養蜂の実現を目指している「秘蜜」の取り組みは日本の未来の養蜂スタイルになるかもしれません。

これからもmatsuircaは「おいしくて、健康にもよくて、自然のめぐりに役立つモノゴト」を皆様に御案内していきたいと思っています。

<essence>

matsuricaのフリーマガジンessence2019秋号は秘蜜のつくられる秩父の山に取材にいきました。

数がある限り、ご注文いただいた方に同封しております。

1.第3のみつとは?

ミツバチに果実や野菜のジュースを与えて生まれた新しいはちみつのカテゴリーです。

2.原料と製法へのこだわり

ミツバチに与えている林檎ジュースは、青森県弘前産の規格外林檎を使用しています。

高品質で美味しい林檎でありながらも、傷や見栄えによって廃棄されるものを無駄なくジュースに加工しており、環境にも配慮されています。

秘蜜を製造してくださっている花園養蜂場は、一切の妥協ない最高の養蜂技術を駆使してみつ作りを行っています。隔王板(かくおうばん)で二段に重ねた巣箱を区切り、女王蜂の生活範囲を下の箱のみに制限しています。その結果、上の箱には蜂の子が生まれず、蜜だけが溜まります。

「秘蜜」は蜂の子が入った下の箱は搾らず、蜂達の為に残しておきます。

ミツバチが羽で風を送り、最高の状態まで濃縮された完熟みつは、雑味がなく濃厚に仕上がります

このように、量より質を優先して作られた「秘蜜」は、豊富な栄養成分を熱で損なうことなく得ることができます

3.ハチミツ以上に豊富な栄養素

自然界の花の蜜とジュースの栄養の両方が一度に得られる秘蜜には、ハチミツ以上に豊富な天然のミネラル成分を含んでいます。カリウム、マグネシウム、カルシウムなど、一般的なハチミツの2倍以上

(※埼玉大学 科学分析支援センター調べ)

4.日本の養蜂と環境問題

日本における養蜂をめぐる状況は年々厳しくなってきています。

日本に流通している国産のハチミツはたった5%です。

養蜂家や蜜源の減少により、国産のはちみつが手に入りづらくなってきています。

「秘蜜」は、これらの問題を補いながらおいしい蜜をお届けしています。

5.おすすめの食べ方

林檎のさわやかな酸味が特徴の“秘蜜×林檎”

ヨーグルトやパンにかけて食べて、秘蜜そのもの美味しさを味わってください。

またドリンクとして、冬は白湯にとかして温かく、夏は氷を入れてさわやかに、あなたの体に必要な栄養をおいしく補給する事ができます。

(お湯にとかして召し上がる場合は、秘蜜の栄養を損なわないよう、熱湯を避けてください。)

商品詳細:

内容量:120g

原材料:第3のみつ

産地:埼玉県

賞味期限:36ヶ月

保存方法:直射日光、高温多湿を避け、常温で保存  

※開封後はなるべくお早めにお召し上がりください

※注意:1歳未満の乳児へは食べさせないでください。